子の無い妻への国民年金の給付

年金相談142
b965cfb6415ff6a5190c61baf9204da8_s先日、夫が亡くなりました。夫は、自営業でずっと国民年金でした。25年以上は納めていると思います。
遺族基礎年金は、子供がいないと受給できないと聞きましたが、夫のかけた掛け金は無駄になってしまうのでしょうか?
(2015年10月21日掲載)
回答142
ご主人が納めた保険料がすべて無駄になることはありません。
ご相談者の場合、寡婦年金か死亡一時金のどちらかが受給できると思われます。
寡婦年金は以下の場合に支給されます。

・夫が国民年金保険料を25年以上納めていること(免除等の期間があってもかまいません)。
・婚姻関係が10年以上あること
・死亡当時、夫によって生計を維持されていたこと
・夫が、老齢基礎年金や障害基礎年金を受給したことがないこと

上記を満たせば、寡婦年金の受給が可能です。受給できるのは、ご相談者が60歳から65歳になるまでの有期年金となります。
金額は、ご主人が受給できたはずの老齢基礎年金の4分の3になります。

ただ、注意点があります。今回のケースでは該当しないですが、ご相談者が特別支給の老齢厚生年金あるいは、遺族厚生年金を受給できる場合は、寡婦年金と同時に受給することはできません。
また、ご相談者がご自身の老齢基礎年金を繰上げ受給してしまうと、寡婦年金は受給できません。

寡婦年金以外に死亡一時金というものもあります。これは、老齢基礎年金や障害基礎年金を受給しないで亡くなった場合で、その遺族が遺族基礎年金を受給でき無い場合に、一時金として支給されるものです。
金額は、以下のように納めた国民年金保険料の月数によって異なります。
3年以上15年未満・・・12万円
15年以上20年未満・・・14万5千円
20年以上25年未満・・・17万円
25年以上30年未満・・・22万円
30年以上35年未満・・・27万円
35年以上・・・32万円

死亡一時金と寡婦年金はどちらか選択となります。基本的には寡婦年金を受給されたほうが有利になるケースがほとんどですが、特殊な場合もありますので、よく検討してください。

※相談に対する回答は掲載日当時の法令に基づいております。その後の法改正に対応するものではありません。内容には万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は一切責任を負いか