保険料を納めた期間が少ない。年金はもらえないか?

年金相談145

a1362331e2682d67f596ff13a7286e0d_sもうすぐ50歳になるところですが、老後のことで不安です。いままで、サラリーマンの経験は大学卒業後の5年くらいで、そのときは厚生年金に加入していたと思います。その後は、国民年金ですが、一度も納めていません。このような状況では、やはり、年金をもらうのは難しいでしょうか?
(2015年10月28日掲載)

回答145
詳しい加入状況がわからないので、わかる範囲お答えします。
年金を受給できる可能性はまだ残されています。

若いときに5年間、厚生年金に加入されていたので、これは当然、保険料納付済期間になります。現在50歳だとすると、60歳まできちんと国民年金保険料を納めれば+10年でこれで合計15年。のこり10年ですので、ここからは選択肢がいくつかあります。
まずは、後納制度(平成27年10月から平成30年9月までの期間限定制度です)を使って、過去5年分を納めます。そして、60歳から5年間、国民年金へ任意加入すれば、合計25年で年金の受給が可能になります。
もう一つは、後納制度は使わずに、60歳から65歳までの任意加入と65歳から70歳までの特例任意加入を行い、合計25年にする。
ただ、65歳から70歳までの特例任意加入は昭和40年4月1日以前生まれである必要がありますので、相談者の方の場合、今年50歳だとすると、ちょうど利用できないかもしれません。また、利用できたとしても、年金が受給できるのは70歳からになります。
そうなると、やはり後納制度を利用するのが懸命だと思われます。

※相談に対する回答は掲載日当時の法令に基づいております。その後の法改正に対応するものではありません。内容には万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は一切責任を負いかねます

60歳以降に納めた厚生年金保険料はいつから反映される?

年金相談140
a2c36d9173e5efb72350ba0def9f99ae_s現在、60歳を超えておりますが、厚生年金に加入しながら働き続けています。会社の規定では、最長で70歳まで働けるそうですが、60歳以降に納めた厚生年金保険料は、退職するまで年金額には反映されないのでしょうか?
(2015年10月19日掲載)
回答140
60歳以後も厚生年金に加入したことによる老齢厚生年金の再計算は、例えば、65歳までに退職した場合は、退職後1ヶ月で再計算されます。また、65歳まで退職したかった場合でも、65歳になったときに一旦、再計算されます。
65歳以後も引き続き厚生年金に加入しながら、働き続けた場合は、その後、退職したとき再び再計算されますが、厚生年金に加入できるのは、そもそも70歳までなので、もし、仮に70歳まで勤務し続けた場合でも、70歳で厚生年金の資格を喪失して、そのときに再計算されます。

※相談に対する回答は掲載日当時の法令に基づいております。その後の法改正に対応するものではありません。内容には万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は一切責任を負いかねます。