年金保険料の滞納と受給権

スポンサーリンク



年金相談33

教えてください!!私は24歳の主婦です。今年5月に結婚し、第1号被保険者から第3号被保険者になりましたが、結婚前に滞納していた年金を払わないと年金はもらえないのでしょうか??年金は70歳まで25年間払い続けると受給資格があると聞いたのですが、実際はどうなのでしょうか??(2003.9.8掲載)

回答33

結論としては滞納していた分を支払わなくても年金はもらえます。
老齢基礎年金を受給するためには、原則として20歳から60歳までの間に25年の保険料を納めた期間(以下保険料納付済期間)が必要となります。
相談者の場合、現在24歳と言うことなので20歳から結婚されるまでの全ての期間を滞納していたとしても、60歳まであと35年以上ありますので、このうち25年以上の保険料納付済期間があれば、老齢基礎年金が受給できることになります。保険料納付済期間が25年以上必要と言ってもこのまま60歳まで第3号被保険者であれば、実質的に保険料の負担無しで将来、年金の受給が可能となります。
ただ、滞納していた分の保険料を納めなければ、当然、その分は将来、年金額が減らされることになりますので注意が必要です。

ちなみに、「70歳までに25年払えば・・・」と、どなたかからお聞きになったようですが、国民年金への加入は、先ほども言いましたように原則、60歳までです。しかし、国民年金には「任意加入」という制度があり、年金額をもっと増やしたい人あるいは、60歳時点で25年の保険料納付済期間がない人については65歳まで任意に国民年金に加入することが出来るようになっています。
また、さらに65歳まで任意加入してもまだ25年の保険料納付済期間に満たせない人に限っては、さらに70歳までの任意加入が認められています。

※相談に対する回答は掲載日当時の法令に基づいております。その後の法改正に対応するものではありません。内容には万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は一切責任を負いかねます。

スポンサーリンク



コメントを残す