老齢年金の併給

スポンサーリンク



年金相談30

年金受給選択について お教えください。
現在特老年金を申請、10月頃入金される事になっています。
聞くところによりますと 2つ以上の年金を受ける時どちらか一方を選択しなければいけないそうですが 私の場合自衛隊に2年行ったので厚生年金(厚生年金基金含む)国民年金、そして共済年金があり この中から1つ選び年金受給選択申請をしなければいけないのでしょうか。 よろしくお願い致します。 (2003.9.8掲載)

回答30

確かに年金制度には一人一年金の原則があり、複数の年金が受給可能な場合は、併給調整されます。しかし、これは、それぞれの支給理由が異なる場合です。例えば、老齢基礎年金と障害厚生(共済)年金、遺族基礎年金と老齢厚生(退職共済)年金といった組み合わせの場合です。これらは、支給理由が「老齢」と「障害」、「死亡」と「老齢」というように異なっているため、基本的にどちらかを選択して受給することになります。
しかし、老齢基礎年金、老齢厚生年金、退職共済年金という組み合わせであれば、その支給理由はすべて「老齢(退職)」によるものですから、これらはすべて併給できることになります。ですから、相談者の場合、すでに特別支給の老齢厚生年金と特別支給の退職共済年金の併給が可能ですし、65歳からは老齢基礎年金、老齢厚生年金、退職共済年金の受給が可能だと思われます。

※相談に対する回答は掲載日当時の法令に基づいております。その後の法改正に対応するものではありません。内容には万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は一切責任を負いかねます。

スポンサーリンク



コメントを残す