海外移住時の年金手続き

スポンサーリンク



年金相談29

はじめまして39歳アメリカ在住の主婦です。
昨年、アメリカ人と結婚してアメリカに移住しました。
厚生年金の空期間の手続きについて教えてください。
22歳から社会人として働き始め厚生年金を払い続けておりました。 2001年に会社を退職し、その後、アメリカと 日本を行ったりきたりするため、派遣社員として1年間働いて昨年7月に完全に日本での労働をやめて、アメリカに移住しました。 派遣社員の期間も厚生年金は払っておりました。
先日、アメリカに移住したので、今後を空期間にしたいがどうしたらいいかをある機関に確認しましたところ、2001年6月に会社を辞めて、2002年1月に派遣会社の社会保険に加入するまで6ヶ月間の年金が未納になっているとのことで、その間の未納金を支払わなければ空期間にはできないとの回答でした。その未納金を払わなければ、今までの掛け金は無駄になると言われました。
ある情報によると区役所に海外移住届けを出していれば自動的に空期間として加算されると書いてありました。
約15年間支払い続けてきた年金を無駄にしたくはありません。(もちろん未加入の6ヶ月間は加算されないことは承知しております。)
また、将来のため今後生活が安定したら、アメリカに居ながらも日本の国民年金を支払うことも考えてます。どのようにしたらよいでしょうか? (2003.9.8掲載)

回答29

正直言って、その機関の対応は理解が出来ません。私の認識としては、過去に滞納期間があっても海外にいる間はカラ期間(合算対象期間)にできると思っていました。
そこで、確認のために年金相談センターに確認したところ、やはり滞納期間があっても海外転出届の提出等で海外に在住していることが証明できれば、その間はカラ期間にできるということでした。ひょっとしたら、その機関の方が何か勘違いされているのかもしれませんね。ですから、どちらにしても海外転出届は提出された方がいいと思います。

※相談に対する回答は掲載日当時の法令に基づいております。その後の法改正に対応するものではありません。内容には万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は一切責任を負いかねます。

スポンサーリンク



コメントを残す