受給のために必要な加入暦

スポンサーリンク



年金相談26

現在私は会社を設立し3期目を迎えております41歳男性です。学校卒業後会社をかなり替わったことや個人事業主的な仕事が多くたしか社会保険組合?に私の保険期間を聞いたところ11年弱ということだったと記憶しております。今41歳で会社として3期目でもあり、そろそろ社会保険に加入を考えておりますが実際、そうすると後14年加入すれば年金がもらえるのでしょうか?また掛けた年数によってもらえる額も変わるのでしょうか?尚、再度実際に加入年数を正式に確認したいのですが、どこに問い合わせればよいのでしょうか?(2003.8.23掲載)

回答26

現在までに年金加入期間が11年であるとすると、あと最低14年加入すれば、将来、老齢年金を受給できる可能性がでてきます。
相談者の会社が社会保険に加入するまでは、相談者は国民年金の第1号被保険者(国民年金のみに加入)というものになり、毎月、保険料を納める必要があります(本来、法人であれば原則、厚生年金に強制加入です)。
会社が社会保険に加入すると、代表者である相談者も第2号被保険者(国民年金と厚生年金に加入)となり、保険料は給与から控除することになります。
仮に、会社が社会保険に加入しなくても第1号被保険者として保険料をあと14年以上納め続ければ、将来、老齢基礎年金が受給出来ることになります。一方、会社が社会保険に加入し、保険料を納めると将来、相談者は老齢基礎年金と老齢厚生年金の両方が受給できることになります。

続いて、掛けた年数によって年金額が変わるかについてですが、年金は、基本的に掛けた年数が長くなればなるほど年金額は大きくなります。ちなみに老齢基礎年金について見てみると、現在、国民年金に20歳から60歳までの40年間、保険料を納めると797,000円(平成15年度額)が支給されますが、これが25年しか保険料を納めていないと498,100円になってしまいます。

加入年数の確認については、お近くの社会保険事務所で確認してください。窓口に行かれる場合、年金手帳と認印を持参してください。

※相談に対する回答は掲載日当時の法令に基づいております。その後の法改正に対応するものではありません。内容には万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は一切責任を負いかねます。

スポンサーリンク



コメントを残す