入社して間もない社員でも障害厚生年金は受給できるか?

スポンサーリンク



年金相談147

1af7d519f24fb5bd3036a78bc1763086_s最近、入社した女性従業員が、業務外で大怪我をしました。このままだと障害が残るかもしれませんが、入社してまだ3ヶ月くらいです。厚生年金には、入社時から加入しておりますが、障害が残った場合、障害厚生年金は受給できるのでしょうか?(2015年10月30日掲載)

回答147
まだ、けがをされたばかりということですので、今後、仮に障害等級の1級から3級に該当した前提としてご回答します。
けがをされたとときには、すでに、御社のほうで、厚生年金に加入されていたということで、初診日の要件は見たしています。
そうなると、次に必要なのは保険料納付要件ですが、
保険料納付要件とは、原則として、初診日の前日(今回であれば怪我をされた日の前日)において、その怪我をされた月の前々月までに国民年金の被保険者期間があり(サラリーマンの妻などの第3号被保険者でも自営業などの第1号被保険者でもかまいません)、かつ、保険料納付済期間と保険料免除期間を合わせた期間が国民年金被保険者期間の3分の2以上あれば満たすことになります。要するに、今まで保険料を滞納したことがなければ基本的に満たしています。
仮に、上記の要件が満たせなくても、現在は特例として初診日の前日において、初心日の属する月の前々月までの1年間において保険料納付済期間および保険料免除期間以外の国民年金の被保険者期間がなければ大丈夫です(要するに直近1年間で保険料の滞納がなければ大丈夫です)。

よって、これらを満たしていれば、たとえ入社から間も無くとも、障害厚生年金は受給できます。

※相談に対する回答は掲載日当時の法令に基づいております。その後の法改正に対応するものではありません。内容には万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は一切責任を負いかねます

スポンサーリンク



コメントを残す