出産により保険料が免除になるが年金額に影響するか?

スポンサーリンク



年金相談144
daedec44f9adb45aa5f70e0598a8d3c6_sまもなく出産するため、会社を休むことになります。会社から社会保険料は免除されると聞いておりますが、免除された場合、将来の年金額に影響はあるのでしょうか?(2015年10月27日掲載)
回答144
まず、まもなく出産されるということで、相談者の方は、平成26年4月からはじまった産前産後休業期間中の保険料免除制度を利用することになります(以前は、産前産後休業期間中は出産手当金が受給できるため免除になりませんでした。現在は、出産手当金を受給しても免除になります)。
もちろん、産前産後休業期間終了後、育児休業に入る場合は、育児休業中も保険料は免除になります。

この産前産後休業期間中の保険料免除を申請し、たとえ会社から賃金を受けていなくても、本人の標準報酬月額は、休業する前のままになります。
つまり、年金額を計算する上での平均報酬額には影響がありませんし、月数も被保険者期間としてカウントされます。
よって、産前産後休業期間中の保険料免除を受けても、年金額には影響が無いことになります。

※相談に対する回答は掲載日当時の法令に基づいております。その後の法改正に対応するものではありません。内容には万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は一切責任を負いか

スポンサーリンク



コメントを残す