厚生年金への加入期間が短くても老齢厚生年金は受給できるか?

スポンサーリンク



年金相談141

017bd9fc717f73db7586d849d2cd86ab_s私は、いままで自営業をずっとしてきまして、年金は、国民年金にのみ加入していました。保険料は一応、30年以上は納めていると思います。現在、60歳を超えておりますが、この度、自営業を廃業して、知り合いの会社に雇ってもらうことになりました。そこでは、一応、社会保険に加入するようなのですが、今後、私は老齢基礎年金に加えて、老齢厚生年金も受給できるようになるのでしょうか?
(2015年10月20日掲載)

回答141
ご相談者の場合、すでに国民年金の保険料を30年以上納めてみえるということなので、老齢基礎年金の受給資格を満たしています。この場合、そのお知り合いの会社で厚生年金に1年以上加入していただければ、老齢厚生年金の受給権も発生することになります。ただ、1年経過した時点で受給権は発生しますが、その後も引き続き、同じ状態で勤務される場合は、在職老齢年金のしくみが適用されますので、老齢厚生年金は全部又は一部が支給停止となる場合があります(お給料額等によっては支給停止にならない場合もあります)。
ちなみに、1年以上と書きましたが、これは、あくまで60歳代前半の老齢厚生年金の受給資格になります。65歳以後の老齢厚生年金については1ヶ月以上の加入期間があれば支給されることにあんります。

※相談に対する回答は掲載日当時の法令に基づいております。その後の法改正に対応するものではありません。内容には万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は一切責任を負いかねます。

スポンサーリンク



コメントを残す