高年齢雇用継続給付の要件

スポンサーリンク



年金相談126

定年退職をしましたが、その後、継続して嘱託として働いています。
収入は年収で約6割程度になります。給料は約8割程度になりますが、賞与なしとなりますので年収で6割程度となります。
このときの、高年齢雇用継続給付金や年金は受給できないのでしょうか。ちなみに、退職前の月収は40万円で嘱託となってからは32万円です。ただし、ボーナス約年間150万円は無しとなります。(2004、9,21掲載)

回答126

現在、高年齢雇用継続給付は、60歳時点の給与月額と比べて60歳以降の給与額が75%未満に低下した場合に支給されます。この低下率は、あくまで月給ベースで考えますので、相談者の低下率は80%となり、高年齢雇用継続給付は支給されません。

※相談に対する回答は掲載日当時の法令に基づいております。その後の法改正に対応するものではありません。内容には万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は一切責任を負いかねます。

スポンサーリンク



コメントを残す