社会保険への加入義務

スポンサーリンク



年金相談122

社会保険適用について、3/4未満労働の条項がありますが、算出基準について教えて下さい。労基法施行規則24条の「通常の労働者」の1週の労働日数を5.2日(約22.6日/月)とする・・を適用して良いのでしょうか。あるいは当社正社員の労働日数20.3日/月を適用しなければならないのでしょうか。その差は3/4で1.7日/月あり業務運営上微妙で悩んでいます。
(2004、9,21掲載)

回答122

社会保険の適用における4分の3未満というのは、あくまでその会社で働く一般的な労働者、多くの場合は正社員を基準に考えます。ですから、相談者の会社の場合、正社員の月の所定労働日数が、20.3日であればその4分の3未満で働く社員に対しては、原則として社会保険の被保険者として取り扱う必要がなくなります。

※相談に対する回答は掲載日当時の法令に基づいております。その後の法改正に対応するものではありません。内容には万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は一切責任を負いかねます。

スポンサーリンク



コメントを残す