遺族年金受給者の保険料

スポンサーリンク



年金相談113

昭和52年から56年まで厚生年金に加入していました。その後結婚し、平成10年までサラリーマンの妻として第3号受給者となっていましたが、平成10年に主人が他界し現在遺族年金を受給しています。毎月国民年金を払っていますが、将来年金額が上がる事はあるのでしょうか?あるとすればどの位上がるのでしょうか?相談のほう宜しくお願いします。
(2003、12、14掲載)

回答113

国民年金の保険料を払い続けても、将来、遺族年金が増えることは、ありません。しかし、国民年金をきっちり払い続ければ、65歳から支給される老齢基礎年金は、より満額に近づくことになります。詳しい状況が分からないので何とも言えませんが、おそらく、相談者は、現在、遺族厚生年金のみを受給していると思いますが、そうなると、65歳以後は、老齢基礎年金と遺族厚生年金の両方が受給可能ですので、今、保険料を納め続けることは無駄にはなりません。

※相談に対する回答は掲載日当時の法令に基づいております。その後の法改正に対応するものではありません。内容には万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は一切責任を負いかねます。

スポンサーリンク



コメントを残す