第3号被保険者と健康保険の被扶養者

スポンサーリンク



年金相談107

相談させてください。今年3月31日で退職し、4月から夫の扶養に入りました。1月から3月までの所得が130万ほどありました。その後、今年の7月からパートで働き始めました。月8万円ほどになります。1月から12月までの税金はかかると思いますが、国民年金第3号被保険者と、健康保険扶養者のほうはどうなるのでしょうか?今後、来年1月からも月8万ほどのパートを続けるつもりでいます。もし、4月から12月までの年金と保険の扶養者というのが取り消されるなら、また、来年1月から扶養に入る手続きをしないといけないと思うのですが?(2003、12、14掲載)

回答107

国民年金の第3号被保険者及び健康保険の被扶養者に認定されるかどうかは、対象者の年収が130万円未満で、かつ被保険者の年収の2分の1未満であれば、原則として被扶養者になれます。
  被扶養者の判断基準となる年収は、認定を受けようとする時点で、「今後の」年収が130万円未満であるかどうかで判断します。
ですから、現在の月収が、通常、130万円÷12か月=10万8333円 を超えない場合は、被扶養者となることができるのです。
  また、月の収入が10万8334円を超えていても、雇用の終了の日が決まっていて、年収が130万円未満であることが明らかな場合は、被扶養者となります。
  よって、扶養を取り消されることはないと思われます。

※相談に対する回答は掲載日当時の法令に基づいております。その後の法改正に対応するものではありません。内容には万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は一切責任を負いかねます。

スポンサーリンク



コメントを残す