共済年金の受給額について

スポンサーリンク



年金相談106

 公務員を退職後、民間会社に勤務、1カ月ほど無職期間がありますが、その後、民間会社に再就職し、現在、月額265千円(固定額)の給与所得があります。このため、厚生年金は全額停止(停止理由は厚生年金保険被保険者の資格取得したため)、また共済年金も一部減額となっています。
来年1月5日には、65歳となります。今後も、現在の年収に変動がない場合、65歳誕生日以降の厚生年金、共済年金の受給額は現状どおりでしょうか。(2003、12、14掲載)

回答106

65歳までの支給停止のしくみと65歳からの支給停止のしくみは違いますので、年収に変動がなくても65歳以降は、年金が支給される可能性は高くなります(65歳から支給される老齢基礎年金は全額支給されます)。
現在の年金額が、分かりませんが、今の収入のままで、かつ年金月額が11万円以下であれば、支給停止されません。

※相談に対する回答は掲載日当時の法令に基づいております。その後の法改正に対応するものではありません。内容には万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は一切責任を負いかねます。

スポンサーリンク



コメントを残す