厚生年金の受給資格と国民年金

スポンサーリンク



年金相談81

お世話になります。 下記の件についてお尋ねしたのですが宜しくお願い致します。
企業に19年間勤務し、厚生年金を納めてきましたが、先日退社しました。44歳男性です。今後自営業を行う予定ですが、厚生年金は25年納めないと給付されないと聞きました。 更に6年間、企業に勤務して納め続ける必要があるのでしょうか?
お忙しいところ申し訳ありませんが宜しくお願い申し上げます。(2003.11.14掲載)

回答81

老齢厚生年金は、1ヶ月でも厚生年金への加入期間があれば受給することができます。ただし、別の要件として、国民年金への保険料納付済期間(保険料免除期間、合算対象期間を含む)が25年以上あることが必要です。厚生年金に加入していれば、同時に国民年金にも加入していることになるので、相談者の場合、少なくとも19年の国民年金保険料納付済期間があることになります。国民年金への加入は、20歳からですので、会社に入る前もきちんと国民年金保険料を納めていれば、すでに24年の保険料納付済期間があることになります。退職後、自営業を始めても、国民年金へは強制加入ですので、国民年金保険料(13,300円)を納めることになりますが、あと1年納めれば、老齢厚生年金と老齢基礎年金の両方をもらうための要件を満たすことになります。

※相談に対する回答は掲載日当時の法令に基づいております。その後の法改正に対応するものではありません。内容には万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は一切責任を負いかねます。

スポンサーリンク



コメントを残す