厚生年金と国民年金の関係

スポンサーリンク



年金相談80

自分は若いころ年金は掛けず 平成6年7月より厚生年金を加入しました 15年間収めると資格があるとわかり 少しほっとしていますが次のような心配が解決できず相談しました。
A 厚生年金を15年に満たされず 仕方なく残りの年数を国民年金で補えるのでしょうか?(例えば厚生年金10年あとの5年は国民年金で補う)
B 厚生年金加入が出来なくなったとき 本人が自費で補う方法はありますか?
以上ですが どうかよろしくおねがいします(2003.11.14掲載)

回答80

相談者のように本来25年の受給資格期間を15年に短縮されることを受給資格期間の短縮特例といいますが、この特例を受けるためには、厚生年金への加入期間のみで相談者の場合、15年以上必要となります(国民年金で補うことはできません)。
「厚生年金加入が出来なくなったとき」とは、会社を辞められたときということでしょうか?会社を辞めて、自営業もしくは無職となった場合は、個人で厚生年金に加入することはできません。

※相談に対する回答は掲載日当時の法令に基づいております。その後の法改正に対応するものではありません。内容には万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は一切責任を負いかねます。

スポンサーリンク



コメントを残す