社会保険の保険料計算

スポンサーリンク



年金相談73

主人(1940年6月生まれ)小さい会社の代表取締役。サラリーマン時代(12年)の厚生年金 5万円ほど。 社会保険事務所から 株式会社になっているので健保,厚生年金に入るよう言って来ました。今役員報酬は20万円にしています。これからは年金が減りますよ。と言われましたが どのくらい減るのですか?2割のようですね。 それと 今は国保で年間28万円ぐらいですが(2人だけです) 健保 厚生年金は毎月どのくらいになるのでしょうか? 教えて下さい。尚役員報酬はどのくらいにしたら良いなどありましたら教えて下さい。 又これから厚生年金を払った場合 受け取る年金は多くなるのですか? よろしくお願い致します。(2003.10.27掲載)

回答73

まず、厚生年金に加入した後の老齢厚生年金の額ですが、現在の老齢厚生年金の額が月額5万円、役員報酬が20万円の場合、年金は月額約3万円となります。2割減となるのは、年金月額の80%と役員報酬を足した額が22万円以下の場合です。
次に保険料ですが、役員報酬が20万円の場合、健康保険料(介護保険料含む)は、18180円、厚生年金保険料は、27160円となります。これらは、いずれも会社負担分と被保険者負担分を合わせた額です(被保険者のみの負担額はこの半額)。
相談者自身の保険料は、ご主人の扶養に入れば(会社から報酬を受け取っていなければ)、その負担は両方とも無くなります。
ご主人様と同じように報酬を得ているなら、その収入に応じて保険料がかかることになります。
今後、厚生年金保険料を支払えば、当然に後の年金額は増えることになります。どれくらい増えるかは、いくらの報酬で何年働くかによって異なってきます

※相談に対する回答は掲載日当時の法令に基づいております。その後の法改正に対応するものではありません。内容には万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は一切責任を負いかねます。

スポンサーリンク



コメントを残す