年金加入期間の照会について

スポンサーリンク



年金相談70

離れて暮らしている両親の年金受給についての質問です。
現在父は62歳、母は57歳になります。5年ほど前まで約15年ほど自営業を営んでおりましたが倒産し、今はビル管理会社で働いております。その前は父は小さな会社に勤めており、母はパートで働いておりました。
国民年金は納めていたか定かではありません。また、サラリーマン時代に厚生年金を納めていたかどうかもわかりません。
仮に、過去に納めたかどうかを知るためには、何処に訊ねれば良いのでしょうか?
現在両親は札幌に住んでおり、私は福島に住んでおります。もし、両親が年金をもらえるのであれば、そういった手続きをしたいと思いますので、何卒ご回答よろしくお願いいたします。(2003.10.27掲載)

回答70

加入期間の問い合わせには、最寄りの社会保険事務所が応じてくれます。現在は社会保険庁のコンピューターと各地の社会保険事務所の端末機がオンラインで直結されているため、どこの社会保険事務所でも照会に応じられる体制となっているようです。
  加入期間の照会の際は、(1)過去の職歴が分かる資料(本人が書いたメモでもよい)(2)年金手帳(3)認め印 を持って、社会保険事務所に行き、備え付けの「厚生年金保険被保険者期間調査依頼書」を提出して行います(この書類の様式・名称は地域により異なる場合も)。ただ、本人以外の人が照会に行く場合には別途、委任状が必要になります。

※相談に対する回答は掲載日当時の法令に基づいております。その後の法改正に対応するものではありません。内容には万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は一切責任を負いかねます。

スポンサーリンク



コメントを残す