遺族厚生年金の受給要件

スポンサーリンク



年金相談68

私は1979年から厚生年金に加入しています。子供が一人2歳。
夫はフリーランスでの仕事で厚生年金、国民年金ともに支払っていません。もし、私が死亡した場合、遺族厚生年金は支払われますか?夫には支払われないのでしょうか。
教えて下さい。また、夫は35歳ですが、今から国民年金に加入して受給資格があるのか、また、資格があるとすれば、いくらぐらいもらえるのでしょうか。
どうぞよろしくおねがいいたします。(2003.10.27掲載)

回答68

ご主人様へは、遺族基礎年金は支給されませんが、老齢厚生年金は支給される可能性があります。ただし、相談者が死亡した当時にご主人様が55歳以上である必要があります(ただし、支給は60歳になってから)。ただ、ご主人様が55歳未満でもお子様が18歳に達する日以後最初の3月31日までの間にあれば、お子様に遺族厚生年金が支給されます。
ご主人様が、仮に今まで一度も保険料を納めたことがないとしても60歳までちょうど25年ありますので、いまから納めれば、ぎりぎり老齢基礎年金の受給資格が得られることになります。25年納めた場合の老齢基礎年金の額は、498,100円(年額)となります。

※相談に対する回答は掲載日当時の法令に基づいております。その後の法改正に対応するものではありません。内容には万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は一切責任を負いかねます。

スポンサーリンク



コメントを残す