高年齢雇用継続給付について

スポンサーリンク



年金相談62

すぐに申請の時期なのですが(10月15日で退職です)継続雇用をして貰えそうですが、その時は当然収入が下がります。本で読んだのですが、正社員の3/4以下で、週20時間以上だと、年金も減らされず、高齢者雇用継続給付も受けられると聞きました。この場合、金額は関係なのでしょうか?(時給の事です)
(2003.10.27掲載)

回答62

おっしゃるとおり所定労働時間が3/4未満で週20時間以上の労働でしたら、年金の減額なしで、高年齢雇用継続給付が受けられます。
なぜかというと、所定労働時間が正社員の3/4未満であれば、厚生年金の被保険者になりませんので、在職老齢年金の適用がありません。一方、20時間以上であれば、雇用保険の被保険者にはなりますので、高年齢雇用継続給付は受けられるというわけです。ただ、高年齢継続給付を受けるためには、60歳以降の給与額が60歳時点の給与額の75%未満になっていることが必要です。

※相談に対する回答は掲載日当時の法令に基づいております。その後の法改正に対応するものではありません。内容には万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は一切責任を負いかねます。

スポンサーリンク



コメントを残す