パート勤務と年金の関係

スポンサーリンク



年金相談1

現在、特別支給の老齢厚生年金を受給していますが、この度、パートとして働くことになりました。年金はもらえなくなるのでしょうか?ご相談お願いします。(2003.7.14掲載)

回答1

特別支給の老齢厚生年金は、厚生年金の被保険者として働くことになった場合は、給与額に応じて全額又は一部が支給停止となります。しかし、厚生年金の被保険者として働くのでなければ、どんなに給与額が多くても全額支給されます。
尚、パートが厚生年金の被保険者となるのは次のいずれの要件も満たした場合です。
①1日の労働時間が正社員のおおむね4分の3以上
②1ヶ月の労働日数が正社員のおおむね4分の3以上

つまり、労働時間あるいは労働日数を正社員の4分の3未満にして働けば、厚生年金の被保険者とならず、特別支給の老齢厚生年金を全額受け取ることが出来ます。

※相談に対する回答は掲載日当時の法令に基づいております。その後の法改正に対応するものではありません。内容には万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は一切責任を負いかねます。

スポンサーリンク



コメントを残す